smartな労務管理

登録された勤務情報から仕訳データも自動作成可能!

手を重ねる

今人事労務管理システムを導入するメリットは、労務管理や人事異動、採用活動だけではありません。給与計算データは必ず経理部門で管理する経理システムとの連携が必要であり、給与支給を行っただけでは会計情報として人件費を計上できません。毎月、給与計算が完了後、経理部門へ提出する仕訳伝票とデータの作成を手作業で行っているなら、人事労務管理システムを活用し自動化を行いましょう。
人事労務管理システムは、社員の勤務情報、給与計算に必要なマスタ情報だけでなく、所属する部門情報も持っています。そのため、部門毎とマスタ情報が登録されていることから、集計を行うことで簡単に部門毎の人件費を仕訳することが可能になります。また、人件費科目がそれぞれの部門によって異なる場合でもシステム側に登録された情報から自動的に科目を選びます。労務管理や給与計算まで効率化が図られているものの、仕訳伝票の作成は個別に作業を行っており、時間がかかりミスも多いというのであれば、仕訳データも生成できる人事労務管理システムを導入してみてください。特に社内の組織編成が細かく、部門数が多いという際には仕訳データの作成に時間がかかってしまうものの、その時間を大幅に改善することができます。また、人事異動時には社員情報の所属部門を変更するだけで済むようになり、管理業務も効率化が図られます。

ピックアップ

労務管理情報から適切な人員配置計画を検討しよう!

疲れている女性

労務管理データを社内における適切な人員配置の計画に活用できていますか?労務管理データと人員配置計画を行う上で必要になるのは、各部門…

もっと読む

年末調整をペーパーレス化し業務効率化を図ろう!

伸びをする女性

人事労務管理を行う部門で負荷繁忙となるのが、年末調整の時期です。年末調整の申告書類を社員に紙で渡し、回収ボックスで集め、労務管理担…

もっと読む

社員の教育履歴や個人情報をシステムで一元管理しよう!

スマホをいじる

人事異動を行う際、社員の教育履歴を異動先の部門と共有化する必要があります。しかし、エクセルと紙媒体での情報管理には限界があり、社員…

もっと読む

登録された勤務情報から仕訳データも自動作成可能!

手を重ねる

今人事労務管理システムを導入するメリットは、労務管理や人事異動、採用活動だけではありません。給与計算データは必ず経理部門で管理する…

もっと読む